東京から地方国立に行ってみた

東京生まれ東京育ちからの山形での奮闘記

山形の可能性に感動した話

最初に言います。

山形の今後の発展の可能性を考えた時

最高すぎて、可能性がありすぎて

わくわくが止まらなくなりました。

 

そして、このときに自分は学部2年生。

休学することを考えて、今後の展開を間近で見れて

手伝えることを考えた時

ワクワクしすぎて、ヤッベーーー!!!!ってなって。

夜行バスの中で涙が出てくるほど(笑)

 

※安定の語彙力のなさ。

 

というか、Agasuke Houseがやべえ。

やばい。

もうね、やばいしか言えないんですよ。

 

山形大学に来て、なんもしないまま卒業して行く人が

もったいない。

 

せめて、EDGE nextに関わるとか

 

して欲しい。

 

学生大使もあるし

なんかいろいろあるし

いや〜〜、これから海外系は無双な雰囲気漂ってます。

 

秋にビッグイベントやります。ベトナムにいるけど運営やります。

 

最高だな。〜〜〜〜

 

 

 

あえていうと、一年前にやばい先輩に会えてよかった。

 

俺的やばい先輩コレクション

個人名出していいかわかんないから

キーワードだけ

 

  • Agasuke House
  • natukusa
  • Africa

↑俺は、この人達について行くというよりは、将来的に一緒に仕事がしたい

 

 

俺的やばい後輩コレクション

  • 武者/enspase

もうお前やばすぎるから!!!やばいよ!!もう!!!!

 

ということで、これからも突っ走ります。

 

「山形から世界を前進させる」

これカッコ良すぎ。やばいよね。もう。うん。

 

「なんでベトナム行くの?」

 

って聞かれたら答えは、

 

「やまがたの可能性を考えながら違う環境で、学びを掴み取ってくるため」

 

 これは、ポジショントーク

 

「なんだか楽しそうだから」

 

 

 

 

スポンサードリンク