東京から地方国立に行ってみた

東京生まれ東京育ちからの山形での奮闘記

大学生活が暇なら危機感を持て

こんにちは!

f:id:dellcui-nihei:20180417182244j:plain

長い間、開けてしまった。それでも毎日アクセスしてくれた方々。

ありがとうございます。

 

さて、なぜ私がHatena-blogの有料会員になりながらも、

ブログを更新する暇がないほど えぐい学生生活の始まりを走っていたかと言うと

こんなことをしてました。

 色々あってやばかった。

 

スポンサードリンク

 

今日のお話 

今回は長くなります。

目次作れるのさすがはてなブログ

 

やばい!大学の課題

私は、ノリと勢いとコスパだけで山形大学にきて満喫していましたが、

理系に来たのもなんとなくです。

山形大学の工学部1年生へ  一年生のうちに活動の幅を広げないと

後から挽回はまじで難しい。 ほんとにやばいと思う

電気電子だけかもしれませんが、週に取れる授業の上限が30単位

そして、必修科目が30単位 なんと言うことでしょう!

あんなに、キラキラした輝かせた目をしている私の目がだんだん死んでいくではありませんか!!! 

そう、学部選び、学科選びは慎重に。。。。

もともと電気が一番苦手だったの!!!に!!!

 

楽して卒業したらつまんないからと言って、苦手な学科のストイックな学科を選ぶと、かなり面白い学生生活が待ってます。

自分の限界を試せます。 ぜひ、おためしあれ

 

キラキラしていたころの自分の記事

 この頃は、まだこの後に待ち受ける試練を知ることもなかったのである

www.dellcui.com

 


AgauskeHouse新規事業計画書

AgasukeHouseでは、新規事業を計画しています。

そして、新規事業開発大臣と言われやることがないのに、調子に乗ってましたが、

ついに、鬼のタスクが降って来たんです。

プレゼンの作り方、データの見やすさ、マーケティングについて、

いろんなことを叩き込まれました。感謝。しかし

もう、毎日本気でやろうとしているときに、私は気づいてしまったんです。

 

できないのに、できます!と言ってはいけない。しっかり、自分の能力とかけられる時間を考えて仕事の計画を立てようと思いました。サッカー部現役のころは、体力任せでなんでもできましたが、いまはもう昔。

自分の体力と相談して物事を進める時が来たようです。

 

www.dellcui.com

 

www.dellcui.com

 


かき集めて謎の会第二回計画

イベント運営、それは一度はやって見たかったこと。そして、大成功をしてもっといろんなイベントを企画したい!と思った。しかし、組織というのは拡大すべきか、いまのメンバーで運営することにモチベーションを置く仲間がいることに気づいた。やっぱり、世の中 人間なのか。『私がやるイベントだから協力するのであって、誰でもいいのではない。』と言われた習慣、目が覚めた。俺のこのイベントのゴールはなんだろう

楽しいから?目立つから?いろんな人と関われるから?行ったことない県に行けるから?

なんだろう。チームというものは、みんなで意見を出し合って、本音を聞いて前にすすむ。。。。

武者修行で経験したことが実生活でも起きた。

でも、自走式エンジンを搭載した私はいままでの私とは違う。

 少しはマシになった気がする

大きな組織がいいのか、小さな組織がいいのか

このメンバーだからいいのか

このマインドを広めて多くの人が参加するのがいいのか

 

そうして、当初計画したin 名古屋はみんなの予定が合わず。 延期となったのです。

 

しかし、開催するとなったら、まじで来て欲しい。

その時は全力で参加者のために楽しい会にします。

www.dellcui.com

 

 


旅武者営業インターン

私は今、株式会社旅武者という会社でインターンシップをしています。

mushashugyo.jp

私が2018の春に参加して来た。海外インターンシッププログラムを運営している会社

ほんとに参加してよかったし、人生を変える分岐点だったと思う。

今までとは違う方向に、突き進んでいく第一歩 きっかけ

最高な仲間に会え、最高の経験ができた武者修行を、山形の人に伝えたい

全国の人に広めたい そんな思いで、このプログラムを説明する説明員をやっています。 山形の担当は私1人のため、いきなり山形統括という役割を与えられ、日々奮闘しています。過去の山形の参加者がトータルで4人だと思うので

(これはかなり低い数字)

今期の目標は、山形から武者修行生を今期だけで10人輩出する!これは、きっと新規営業インターン生にとっては難しい数字でしょう。しかし、武者修行で学んだ自走式エンジンを搭載して、ただひたすらPDCAサイクルを回せば、可能な数字だと思う。

 

とりあえず、統括研修で、他県の人からめっちゃ吸収したい!

統括研修楽しみだ〜〜〜〜〜

 

今、こうして営業インターンを始めたばかりだけど。よかったなーと思うこと

 

無駄なことなんて何もない。

すべて頑張ったことは、あとから効いてくる

 

 これだと思う。去年、いろんなものを犠牲にしてただひたすら頑張ってた

何を目指してるのかも、わからず血迷いながらも

 

だから、いま、

武者の説明会に来てくれそうな人がどんなところにいるのか

どのようにあすれば、参加してくれるか

とか、いままでの積み重ねでわかることもある。

周りの人と違うことをしていて、これで結局つまんない人生だったらどうしようとか

留年したらどうしようとか いろいろ不安だった。

 

もし、不安になっても、とりあえず突き進むことをオススメする

それは、手段が目的化していてもいい ほんとはよくないと思うけれど。

何もしないよりは、いいと思う。

人生のミッションが思いつかなくても

いろいろやってみたら 見えてくるものもある。

 

最近、毎日人生のミッションってなんだろう

それってBeingじゃなくてDoingじゃないかな。。。

なんて思いながら、考え、更新してる

いまの俺はmind 2.0 かな(笑)

それは、

『自分と関わった人の人生を豊かに』

いいっしょ(笑)

かっこいいキャッチフレーズでしょ

武者修行に参加する前は、他人なんてどうでもいい 自分さえ良ければどうでもいい

っていうマインドだったんよね

なんか、これを考えてる時に、俺、変わったなーって思った。

 

www.dellcui.com

スポンサードリンク


エストニア

エストニアへの志望動機書、ついに提出

一年前から、エストニアに行きたく、なんで?他の国は?って聞かれるけど

うまく言語化できずに誤魔化してた。武者修行にいって、さらに

ほんとにいくべきなのか。他にも手段はあるよね。って思って

ずっと志望動機書がかけませんでした。

でも、思ったのが、確かにBeingも大事だけど

それを踏まえて、とにかくやってみる。も大事なのかなって思ってる。

とにかくやってみて、だめだったら変える。

自己流の考え方も大事かな

 

武者修行でいろんなことを学んだけれど。

そこで思考停止しないで、さらにいい方法を考える。これも大事だと思う。

ファシリテーターさんから学んだこと

思考停止しない

これに限るかな いかなる状況でも思考停止せず、PDCAサイクルを回す。これ、大事

 

www.dellcui.com

 


そんでもってパンクした自分が思ったこと

やりたいことが多すぎて

全部中途半端になってしまうのが怖くて何もできない!

って、いう人に。なんで?やればいいじゃん!まずは行動!

 

なんて、言ってた自分がいました。

これまで話したこと。実は全部ほぼ1週間の出来事です。

 

結果、パンクしました。中途半端になったものもあります。

パンクした自分だからこそ言える。やっぱり行動すべき

 

明日までにやります!今夜までにできます!と言ったことがなにひとつできなかった自分を見てこりゃだめだ。と判断しました。 

 

やって見なきゃ、自分がどこまでできるのかわかりませんでした。

そして、やってみて初めてわかりました。

 

 

仲間がいる

いままでの私みたいに、他人がどうでもいいとか

そんなマインドではきっと潰れていたでしょう

仲間に助けてもらいました。

いろんな場面で、いろんな時に

 

なんか、私が、こんなに人間と向き合ったのはいつぶりだろう。。。。

ってくらい向き合ってみて、やっぱり、いつの時代も

人間と人間なんだな。。。人間関係って大事。

 

そして、ファシリテーターってすっげーなって思いました。

 

理系にいますが、関わった人の人生の大事な場面に関わる人生っていいな。って思いました。 それはBeingです。whyです。

 

technologyを使うもよし

コミュニケーションを使うもよし

Doing、whatの幅を広げれるように

そして、質の高いwhatができるように

これからも頑張って行きます。

 

 

swingroot.com

 

 

大学生は暇だ。と言われている昨今ですが、忙しくない人生なんてつまんないじゃん

自分からやること見つけてガンガン行こうぜ!

 

 

めっちゃ、長くなりすみません

最後までありがとうございます。

では、また日常のもたに戻ります。

 

では!


 

 スポンサードリンク

スポンサードリンク