東京から地方国立に行ってみた

東京生まれ東京育ちからの山形での奮闘記

就活したくない

山形から就活をなくしたい!

「何言ってんだこいつ」

 

そう聞こえるこの夏

 

私は、山形から就活をなくす。いや、日本から既存の就活をなくしたい。

 

山形じゃなくていいや、日本。

 

 

 

私は、なぜか就活を毛嫌いしています。

時は遡ること6年前 中学生の私は、ニュースで就活と称してリクルートスーツを着て

 クッソ暑い東京の中を歩く光景を見て

就活なんかしたくない!と思うようになります。

でも、なにをしたらいいかわからなかったので 

"普通”の道を歩んで見ることにしました

というか、そうするしかありませんでした。

 

 

高校受験をしてまぁまぁな中堅の都立高校に行きました。

そして、

受験勉強と部活をほどよくやりながら一般受験で地方国立大学へ行きました。

 

多分、私は、社会の一般的なルートに乗っかって進むことが意外と得意だったんです。

 

でも、やっぱりこのまま周りと一緒に社会に出るのだけは嫌でした。

 

やっぱ、他の人とは違うことをしなきゃな。

 

というところから、始まります。

 

でも何故か今、ベンチャー企業でインターンをしています。

そう、きっと、山形大の二年生で誰よりも早くよくいう”就活”?ってやつを始めています。

 

 

 

 

 

そこで、気づきました。私は、就活をしたくないんじゃなくて

「個性を残したまま生きたい」

「社畜になりたくない」

 

だったのです。私の潜在的なニーズはそこです。

 

じゃ、好きなことやろう!

 

ここまでがエピソード というか前置き

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

想像してみてください。。。

もし、世の中から就活がなくなったら

大学3~4年生はどのような夏休みを過ごすのか。

 

 

まあ、わかりませんけど

 

私が、就活がなくなればいいと思う理由は0つ

  • 学生生活をもっと自分と向き合ってやりたいことを探す時間にしたい
  • 少ない学生の時間を説明会とか移動に奪われたくない
  • 合同説明会に行く時間で他のことする学生が増えたら世の中もっとよくなりそう
  • いえーい!

 

 

 

自分と向き合ってやりたいことを探す時間にしたい

多分、就活って自分と向き合って自分に合った企業を選んだりするんだと思うんです。

でも、それってせっかく向き合うのにそのためってなんだかもったいない

 

やりたいことを突き詰めてれば、机の上で適正テスト?とか受けるより

もっと、効率的にやりたいことが見つかると思うんですよね

 

もし、あなたが「あなたの適正はこれ!」って結果が出たら

「あ~そうなんだ!」って受け入れて

その道に行くんですか?

もったいない。(と、なにもしらない大学二年生が言っています)

 

PDCA回しまくって評価されれば、

企業からスカウトだって来るかもしれない

もしかしたら、フリーランスになれるかもしれないし

独自のやり方で収入を生み出せるかもしれない

起業をした方が自分のやりたいことができるかもしれない

 

類は友を呼ぶ

というか

 

類で友を呼べ

 

これ、本日のキーワード(にしたい

 

やりたいことをやってれば、仲間が寄ってきて

それが、人生になる

その方が、わくわくしませんか?

 

私はわくわくします!

 

世の中はテクノロジーによっていろんな生き方の可能性が見えています。

自分に合った生き方は、自分の行動次第!

 

わくわくいっぱいの人生にしましょ!

 

 

 

 

 本日のおすすめらーめん

 

鳴龍

東京都豊島区 山手線の大塚駅から

南に徒歩15分

南大塚駅から徒歩5分

ミシュランに掲載されていて連日行列

カップ麺にもなった有名店

 

おすすめは、担々麺と醤油麺とチャーシュー飯

 

麺をスープによって変えていて、こだわっているお店

自家製麺だし、やばい

安定の語彙力のなさなんだけど

 

めっっちゃうまい!!!!  

 


f:id:dellcui-nihei:20180703135500j:image

f:id:dellcui-nihei:20180703135509j:image



 

スポンサードリンク